スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTG忍者宝玉獣

宝玉獣デッキの名前を考えました!

名付けてMTG忍者宝玉獣です。Mは切り込み隊長のMからとりました。
これから俺の宝玉獣デッキはこれで固定して行こうと思います。

何故、ルインを採用しないのかって話でもするかな。
宝玉獣と言えば、ルインは必須だと考えている人も多いです。
しかし4枚も溜まる前にやられるだろ…。1枚、2枚目は強いけど微妙だしね。。
3枚目もコナミのks裁定でそんなに使えない。
氾濫軸ならルインは採用するかもしれませんが、普通の宝玉にルイン入れると今の環境だと遅いと思います。
それに氾濫軸じゃないなら虹龍軸ですかね。だったらアドバンスダークを入れた方が速い気がします。

次に氾濫を採用しない理由について説明するかな。
氾濫は決まれば強いですね。ゲームエンドまで行ける気がします。
ただ弱点が多い。もし止められて、ほぼ負けるのではないでしょうか…。
しかも4枚のスロットを使っている以上、カウンター罠を入れることができない。
俺ならトラップスタンを入れます。しかし相手ターンにサイクロンで割られると相当きつい。
そして、氾濫って相手に依存するから、4枚置かれているのが見えた時点でガン伏せで止めにはいるか何も伏せないかのどっちかを取ると思います。
むしろゴーズとかを握っているのなら何も伏せないのが安定です。
そして4枚も簡単にたまらないよね。これが一番、大きいです。

ではMTG忍者宝玉獣は何が強いのかって話になりますね。
回れば3ターン目でワンキルできる宝玉獣だから強い。
宝玉獣は遅いってイメージがあるから、速攻でいけば意外と通る可能性もあるということですね。
それでも後攻ワンキルは、ほぼ不可能なので注意が必要です。
あとは1回止められても宝玉スロット2枚で動けるため、立て直しがしやすい。
そして忍者と混ぜることにより、開闢を無理なく入れることができます。
さらに開闢でルビーを除外することは、ランク3エクシーズが出しやすいMTG忍者宝玉獣ではむしろアドです。
ルビーを除外したくないときは、エフェクトヴェーラーを使えばいいですしね。
導きを止められても、切り込み隊長ルビー、それを止められても開闢、死者蘇生で押していけるので速い。
またTGワーウルフを入れることで、アメジストキャットを魔法トラップゾーンに置かずにワンキルに持って行ける点も強いです。アメジストキャットは猛突進を使えますが、正直ステータスに難があるため、入れずに済むのは事故率低減につながると思います。
もともと防御が弱く遅い宝玉獣で今の環境で生きていくには、ルビーを軸にするのがいいと俺は思います。

ちなみにトラップは、ドローとビートの幻獣の角、防御用の猛突進、激流葬、展開補助の変化の術を採用してます。
2枚で動くので一応、防御力も少しはあります。幻獣の角は、ヴェルズやヒロビなどに強いですし、猛突進はワンキルにも役に立ちます。

まぁ、いっても弱点はかなりあります。しかしそれを自分から言う意味がないと感じるので、書きません。
あと俺がいろいろなブログを見て強そうだなと思ったのは、後ろを固めて獣ビートをする宝玉獣ですね。
レインボーヴァリューは2枚ドローでき、普通の宝玉では採用されずらいカードですが、獣ビートするならむしろアドです。猛突進とも相性がいいですしね。
てか猛突進はもっと評価されてもいい気がします。

おそらく当分、書かないだろうと思われる宝玉獣記事なので、いろいろと書いておきました。
てか遊戯王記事自体やめるかもしれん。
ではではノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Balkion

Author:Balkion
活動垢 Planisphere

~好きなデッキ~ 
主に炎属性デッキ

~好きなカード~
真炎の爆発 
炎塵爆発  鳳翼の爆風
トリシューラ 
紅蓮の炎壁

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleお空時計sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。